×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



  中国上海・蘇州を歩く 東方明珠、豫園、外灘、雑伎鑑賞
 蘇州拙政園、寒山寺、虎丘、刺繍工場、上海市内見学コース
   (平成15年1月11(土)〜13日(月) 天気:晴れ)  No.1 (No.2はここをクリックしてください)

コース:
 スタート−名古屋空港9:30空路上海へ−−11:00上海市内観光--東方明珠TV塔、豫園へ
 −雑伎鑑賞、和平飯店泊--−バスで蘇州へ−拙政園、寒山寺、虎丘見学--昼食後刺繍工場見学
 −上海へ帰る-−上海の夜景と商店街で買い物を楽しむ−13日午前は市内見物
 −17:40空路名古屋空港へ--帰宅21:00頃着
3日とも天気が良かったですがやや寒く、空気がかすんでいて公害を気遣いました。
  どこも建設ラッシュで、人口が10年前に比べて400万人も増えて1700万人になっているとか。
  商売の仕方が上手なのか、値切ったりして交渉すると買い物が楽しくなります。
  1元=16円 


 
 東方明珠TV塔(468m)の前で(左) 豫園商場で買い物(右) 豫園は中国4大庭園の1つで繁華街の中にある。

 
 寒山寺入り口で(左) 寒山寺の石碑に残された唐代の詩人 張継作「楓橋夜泊」の詩文の前で(右)
 南北朝梁の天監年間(502〜519年)の創建 唐代に高僧寒山と拾得が住んだところから寒山寺と呼ばれている
 「月落ち烏鳴いて霜天に満つ 紅楓漁火愁眠に対す 姑蘇城外寒山寺 夜半の鐘声客船に到る」(張継)
 街の中を水路が縦横に走り、古くから交通や生活の手段として利用してきた。寒山寺のすぐ前にも水路があった。


虎丘と虎丘の斜塔「8角形で7層の煉瓦造り、47.5m」(宋王朝961年建立)前で撮す(右)
傾斜は15度 春秋時代呉王の墓雲岩寺塔(虎丘塔)は、東洋のピサの斜塔として有名

 
 蘇州4大名園の1つで、1997年世界遺産に登録されている拙政園

ホーム