×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



一宮友歩会・第24回ウオーク例会 
 河川探訪庄内川編Part1参加  (平成22年2月6日(土)天気:曇り・小雪・晴れ)

午前7時10分自宅発>一宮駅8:07>須ヶ口駅乗り換え8:25>東枇杷島駅8:31着>9:10出発
>枇杷島橋緑地9:40>七所社11:00>横井山緑地11:43>下之一色魚市場13:40>荒子川公園14:52
>あおなみ線荒子川公園駅15:23>名古屋駅>一宮駅>祖父江ふれあいの郷入浴>帰宅 
(今日の参加者:42名、歩数:40,091歩)

コース案内はこちらを参照してください。 見所説明)  (Part2は上流へ)

友歩会参照 庄内川Wikipedia庄内川河川事務所


コース説明、名鉄東枇杷島駅 9:02 024

庄内川へ 9:23 028

庄内川左岸を歩く9:25 029

萱津の渡し(835年の記録あり)031 9:40

七所社の日本武尊腰掛岩(左下)040 11:02

七所社本堂(由緒の説明)049 (見所参照)11:05

岩塚城址の説明 056 11:14

名古屋布袋薬師寺061 11:28

横井山緑地(昼食)062 11:43

嗚呼清一少年の碑 069 12:16(見所参照)

一色大橋から見た松並木081 13:24

下之一色魚市場と新川拡幅工事の説明084 13:45

庄内川に架かる歩道橋092 14:00

荒子川(右荒子川公園)099 14:52

荒子川公園ガーデンプラザ100 14:54

荒子川公園駅103 15:06

河川探訪シリーズ・庄内川編part1】17km 例会案内から (Top

第24回ウォーク例会・開催要項 

1.開催日時   平成22年2月6日(土) 9時〜(15時)
2.集合場所   名鉄本線 東枇杷島駅
3.コース等   東枇杷島駅→枇杷島橋緑地→大正橋緑地→七所社→横井山緑地
        (昼食)→下之一色魚市場→荒子川公園(ゴール)→荒子川駅
             (途中から帰るバス停は多々あります)
4.参加費    300円(中学生以下無料、小学生以下は保護者同伴)
5.その他    *雨天でも開催します。

   *歩ける服装で、弁当、飲み物、雨具、敷物、筆記具等を持参してください。
   *例会中の事故(けが)については、傷害保険の範囲内で対応致しますが、安全健康管理は
    自己責任でお願いします。
   *傷害保険の内容
        死亡・後遺障害保険    166万円
        入院保険金(日額)   4000円
主な見所の説明(友歩会HP参照)           (Top

◎七所社
 尾張三大奇祭のひとつ「きねこさ祭り」で有名。旧暦の1月17日に行われ、今年は3月2日(火)
  に執り行われる。現在も使用されている祭礼時の衣装や祭具の形状が、鎌倉時代以前の特色を残して
 いることから、少なくとも鎌倉時代には、ほぼ現在と同様な形での祭礼が行われていたと推定される。
 名古屋市の無形民俗文化財に指定されている。
 神社に祀られている神鏡に、元慶8年(884)の銘があり、その頃の創建と考えられている。
 『尾張志』に「熱田七社神を祀る故に社号を七社と言う。
 応永32年(1425)に吉田治郎右衛門守重社殿修造す。境内に縦横26尺の塚あり。そこに縦4尺
 ばかりの岩立てり。不生石と称し故に村名を岩塚という」と記されている。
 この岩は日本武尊腰掛岩と伝えられ、塚(古墳と考えられる)と共に現存している。

◎「嗚呼清一少年」碑
 昭和11年7月、近くの庄内川で溺れかけた友人を救助しながらも、自らは力尽きて絶命した清一
 少年の勇気を讃えた碑。
 昭和12年3月に川原の堤防脇に建立した碑を昭和53年11月に横井山緑地に移した。
 愛知県小中学校長会編集の「郷土にかがやく人々」(昭和32年4月発行)の上巻第1話に紹介さ
 れた。

◎下之一色魚市場
 1830(天保元)年に創設されたという市場。現在、下之一色で漁業は行われていないので、市場
 は、他の地域で獲れた魚を捌いている。熱田区日比野の中央卸売市場が開設されるまでは、名古屋
 の台所をこの市場が担っていた。
 この付近は新川の狭窄部で、現在河川拡幅事業が進められている。この魚市場も将来は移転
 (又は撤去)されるようである。

◎松並木(一色大橋)
 この黒松並木は「明治時代には水泳場として利用されており、水泳客の日よけと砂防のために植え
 られた]、「大正初期に付近を通っていた電車の砂よけに植えられた」などと言われている。
 現在約60本残っており、高さ約15m、幹の直径60〜80cm、推定樹齢100〜200年で
 ある。この並木のある河川敷は名古屋市の都市公園「松蔭公園」となっている。
 平成12年9月の東海豪雨後の堤防かさ上げ対策で、堤防(道路)の中央寄りにコンクリートの壁
 を立て、黒松への影響を極力少なくなるように配慮された。
 これによって道路は2車線から1車線となった。

◎荒子川公園
 本格的都市緑化植物園を備えた総合公園として、昭和54年度より整備されてきた。核となる施設
 として、市民の緑化意識の啓発を目的に、平成5年4月30日「荒子川公園ガーデンプラザ」が
 オープンした。館内には、樹木や花の育て方の相談をする緑の相談所があり、緑に関する相談
 コーナーのほか講習会や展示会も開かれる。
 園内には、ラベンダー園、日本庭園、サンクガーデン、多目的広場の他、学校緑化、生垣、街路樹
 ・公園樹などの見本園がある。また、約1000本の桜が荒子川両岸を中心に植栽されている。
庄内川(庄内川Wikipedia
岐阜県恵那市の夕立山に源を発する。瑞浪、土岐、多治見の盆地を流れ、愛知・岐阜県境の玉野渓谷
を抜けて、濃尾平野に出る。名古屋市港区で伊勢湾に注ぐ。
下流域の名古屋市旧市街地を洪水から守るために、「洗堰」と呼ばれる越流堤や庄内緑地公園などの
遊水地を、旧市街地の反対側に整備している。
新川も、そうした庄内川氾濫対策の一つとして整備されたものである。

庄内川の生き物たち(庄内川河川事務所 庄内川河川事務所内データ参照
水系 :一級水系 庄内川 種別 :一級河川 延長 :96 km 水源の標高: 727 m (夕立山) 平均流量: 28.21 m3/s (枇杷島観測所2000年) 流域面積: 1,010 km2 水源 :夕立山(岐阜県恵那市) 河口 :(合流先) 伊勢湾(名古屋市港区) 流域 :岐阜県・愛知県

Top
ホーム  (Part2は上流へ)